オリジナルプログラムA

「中二階」作:ニコルソン・ベイカー 訳:岸本佐知子


 プログラムディレクター:鈴木あいれ −コメディアス

 

小説によるリーディングパフォーマンス、上演時間約60分
昼休みにランチを食べて、切れた靴ひもを買って中二階のオフィスに戻るサラリーマンが主人公。オフィスに向うエスカレーター、抱えている紙袋、紙袋の中に入っている牛乳とストロー、といった目の前の光景と事物からひろがってゆく思考と回想と記憶のるつぼを、余すことなく書き記した小説。この不思議な形式を支えているのは、途方もなく細かく、そして愉快な注釈。読むうちに読者自身の思考と記憶の回路も呼びさまされる小説。


 出典:白水社「中二階」(白水Uブックス―海外小説の誘惑) 

 

日時:2017年1月10日(火)〜13日(金)

  

 受付・開場 30分前
 ※上演前に飲食の提供があります。
 ※本公演はプレイガイドでの発券はございません。

 

会場:Cafe MythiQue

 仙台市青葉区中央2-4-11 水晶堂ビル3F ☎022-393-7738

 

料金:2,800円(ティラミスの王様&ワンドリンク付き) 

  ※+400円で話題の高級コーヒー"ゲイシャ"をご注文頂けます


出演:松崎太郎 武長慧介 ー コメディアス

 


 

 
鈴木 あいれ (すずき あいれ)ー コメディアス
2012年、大学入学をきっかけに演劇に触れ、東北大学学友会演劇部に入部。京都の劇団「ヨーロッパ企画」と出会ったことで劇作・演出を志すようになる。2014年にはコメディユニットとして「コメディアス」を部内に立ち上げ、ゆるい日常会話と物質・現象が絡み合うコメディを創作・上演してきた。2015年の独立以後は、漫才やWEB番組制作なども手掛けている。
 
 


Cafe MythiQue


11:00~20:00
土・日・祝11:00~18:00
年中無休